J-Linuxer

Linuxer's the diary of a Linux setup and software development .

[Ubuntu 16.04] Install Docker + Kitematic

Posted on | 5月 18, 2016 | [Ubuntu 16.04] Install Docker + Kitematic はコメントを受け付けていません。


今回はUbuntu DesktopにKitematic(カイトマティック)をインストールしたためメモを残します。

Kitmaticとは

Docker社が提供するコンテナをGUIで管理出来るツールです。
インストールするにあたりDocker Hubのアカウントが必要なので
こちらでアカウントを作成しておきましょう。

Dockerをインストール

最新を入れたい場合は公式の方法を参照ください。
以下やっていることは、インストールと、自動起動、ローカルユーザをDockerグループに追加する作業です。※グループ追加後は一度ログアウトしてください。

sudo aptitude install docker.io
sudo ln -sf /usr/bin/docker /usr/local/bin/docker
sudo update-rc.d docker defaults
sudo gpasswd -a [ユーザ名] docker
service docker start

docker run ubuntu:latest /bin/echo ‘Hello World’
でHello worldが出力されたらいよいよ本番です。

Kitmaticをインストール

公式の手順に沿って実施します。
公式は↓
https://github.com/docker/kitematic/wiki/Early-Linux-Support

ビルド環境を用意する

※私の環境は開発特化型なので以下の手順は不要でした。

1
apt-get install build-essential libcanberra-gtk-module

Node Version Managerをインストール

1
2
curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.30.1/install.sh | bash 
. ~/.nvm/nvm.sh

node.js 4.2.2をインストール

1
2
nvm install 4.2.2
nvm alias default v4.2.2

KitematicをBuildする

1
2
git clone https://github.com/docker/kitematic
cd kitematic

Kitematicを起動

1
2
service docker start
npm start

ログインを行い↓のような画面ができたら完了です。
お疲れ様でした。

20150518_001

[備忘録] Intellij 16.1の初期設定

Posted on | 5月 14, 2016 | [備忘録] Intellij 16.1の初期設定 はコメントを受け付けていません。


Intellijをインストールした時に自身が設定した内容まとめ。
最小限の設定です。

Fontフォント変更

Override default fonts by (not recommended) – Ricty

カラースキーマ

Appearance & Behavior → Appearance
[Theme:Darcula] SELECT

メモリインジケータの表示

Appearance & Behavior → Appearance
Window Option
[Show memory indicator] ON

プロジェクトの表示

同じウィンドウに表示する。
Appearance & Behavior → System Setting
Project Opening
[Open project in the same window] Check

自動保存の有効化

Appearance & Behavior → System Setting
Synchronization
[Save files automatically if application is idle for XX sec.] ON / XXには秒数を入れる

行番号を表示

Settings → Editor → Appearance
[Show line number] ON

メソッドの区切り線の表示

Settings → Editor → Appearance
[Show method separators] – ON

Typoを無効にする

Editor → Inspection
[Spelling] – Type – チェックボックスOFF

native-to-ascii変換有効化

Editor → File Encodings
[Transparent native-to-ascii conversionype] – チェックボックスOFF

並行して独立したモジュールをコンパイル

Build, Execution, Deployment – Compiler
[Compile independent modules in paralle] – ON

[Ubuntu15.04]How to change default Editor gedit to gvim(Desktop)

Posted on | 2月 21, 2016 | [Ubuntu15.04]How to change default Editor gedit to gvim(Desktop) はコメントを受け付けていません。


1. Create defaults.list

cd ~/.local/share/applications
touch defaults.list

2. Modify defaults.list

vim defaults.list

[Default Applications]
text/plain=gvim.desktop

3. Update Mine

sudo update-mine

[CentOS7] porg + nginxでパッケージを管理

Posted on | 11月 9, 2015 | [CentOS7] porg + nginxでパッケージを管理 はコメントを受け付けていません。


DTIのVPS + WordPressでのデフォルトのブログセットはApacheとなっております。
Apache → nginxへ移行したためその時のメモを残します。

必要なライブラリを入れましょう

コンパイルに必要なライブラリを入れます。

1
2
sudo yum groupinstall "Development Tools"
sudo yum install pcre pcre-devel openssl-devel libxslt-devel gd-devel GeoIP-devel # nginxをコンパイルするのに必要

porgを導入する

porgとはソースコードをパッケージ管理するためのツールです。
(porgはpacoというツールの後継のため、基本的にはpacoを使用方法は同様です)

sudoコマンドにて/usr/local/binのパスを通す

1
2
3
4
# -- porgも管理対象に入れる※porgは/usr/local/に入るため、sudoコマンドを利用する場合は以下のパスを通す必要があります。
sudo visudo 
#Defaults   secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
Defaults    secure_path="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin" # 追加

ソースコードからインストール

※執筆時のバージョンは0.8

1
2
3
4
5
6
7
8
9
wget http://downloads.sourceforge.net/project/porg/porg-0.8.tar.gz
tar zxvf porg-0.8.tar.gz
cd porg-0.8
./configure --disable-grop
make
sudo make install
sudo make logme # 自分porgへパスを通す
porg -a
porg-0.8

nginxを導入する

ここでは、nginxとngx_cache_purgeを利用します

ソースコードからインストール

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
# -- ngx_cache_purgeのソースコードを取得します。
git clone http://github.com/FRiCKLE/ngx_cache_purge/
 
# -- ngx_pagespeedのソースコードを取得します。
git clone https://github.com/pagespeed/ngx_pagespeed
wget https://dl.google.com/dl/page-speed/psol/{1.9.32.10}.tar.gz
tar zxvf {1.9.32.10}.tar.gz
 
# -- nginxを取得し、コンパイルを実施します。
wget http://nginx.org/download/nginx-1.9.6.tar.gz
tar zxvf nginx-1.9.6.tar.gz
cd nginx-1.9.6
./configure --prefix=/etc/nginx \
--conf-path=/etc/nginx/nginx.conf \
--error-log-path=/var/log/nginx/error.log \
--http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/body \
--http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/fastcgi \
--http-log-path=/var/log/nginx/access.log \
--http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/proxy \
--http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/scgi \
--http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/uwsgi \
--lock-path=/var/lock/nginx.lock \
--pid-path=/var/run/nginx.pid \
--with-debug \
--with-http_addition_module \
--with-http_dav_module \
--with-http_geoip_module \
--with-http_gzip_static_module \
--with-http_image_filter_module \
--with-http_realip_module \
--with-http_stub_status_module \
--with-http_ssl_module \
--with-http_sub_module \
--with-http_xslt_module \
--with-ipv6 \
--with-sha1=/usr/include/openssl \
--with-md5=/usr/include/openssl \
--with-mail \
--with-mail_ssl_module \
--add-module=[ngx_cache_purge_install_dir*]\ngx_cache_purge
--add-module=[ngx_pagespeed_install_dir*]\ngx_pagespeed
 
sudo make
sudo porg -lp "make install"

以上です。

[Ubuntu 15.04] Unity Tweak Tool Error: schema com.canonical.unity.webapps not installed

Posted on | 10月 1, 2015 | [Ubuntu 15.04] Unity Tweak Tool Error: schema com.canonical.unity.webapps not installed はコメントを受け付けていません。


Ubuntu 15.04へupgradeしたらUnityをカスタマズするUnity Tweak Tool以下のエラーで起動しませんでした。

Error Message

>unity-tweak-tool &
[1] 12055
Error: schema com.canonical.unity.webapps not installed
Gtk-Message: GtkDialog mapped without a transient parent. This is discouraged.

Install new package

sudo aptitude install unity-webapps-service

Enjoy. Thank you.

1 / 4712345...102030...最後 »